お知らせ

ごみ回収業者が伝授、自宅の不要品を処分する手段

自宅の不用品を賢く処分する手段ですが、物のコンディションや種類によって色々とあります。

不要品でも、まだまだ全然綺麗な物については、捨てるのが勿体ないと感じられます。

ただ自分たち家族にとっては要らない家電や家具をずっと自宅に置き続けるのはよくない事、そんな時はそれを必要とする友人や親せきの方々に相談してみましょう。

これから一人暮らしを始める方や丁度家電を探している方がいらっしゃれば、喜んできっと受け取ってくれます。

趣味の道具も同様で、自分自身にとっては不要品になった物でも、まだまだ使える楽器や伝統工具や画材、釣り道具などは身近な人にそれとなく相談して、丸ごと譲渡するのがオススメです。

友人同士なら、多少傷みや汚れといった使用感が目立つ道具や家具でも渡せますし、本当に要る方にもとに行った方が物がごみにならず、環境保護の観点からもプラスです。

次の処分方法ですが、リサイクルショップに持ち込み売却する方法です。

大量に溜まった古本、未使用の家具や家電、ほとんど袖を通していない衣類や開封しただけの趣味の道具や未使用美品のコレクション、そして価値がありそうな骨董品や美術品などは、リサイクルショップに持ち込み、プロの目で査定してもらうのが良いでしょう。

古本や古着は一般的なお店で査定してくれます。

案外そういった不要品は部屋のスペースを消費するので、早めに処分した方が自室や書斎を広く使えます。

美術品やコレクションや骨董品はその筋の専門店に持ち込んだ方が良い査定結果になりやすいです。

勿論地元の普通のお店でも良いですが、プレミアがつきそうな不要品に関しては専門店の方が、今現在の価値に精通しており、高値査定が期待出来ます。

そして最後の処分方法ですが、ごみ回収サービスに引き取りをお願いする手段です。

まだ綺麗な不要品、マイカーで運べる程度の量なら、譲渡や売却がオススメですが、自宅にあまりにも大量の不要品がある場合、分別するのが困難な多種多様な不要品が自宅の敷地内に置かれている場合などは、ごみ回収の専門業者に相談した方が良いでしょう。

重たくて運搬が出来ない物が大量にあったり、不要品が山積みになっている部屋があり、どこから整理整頓をしてよいかまるで見当もつかない、このような場合はごみ回収をしてもらい、丸ごと綺麗にした方がスピーディに綺麗になります。

いわゆる自治体の取り決めに沿って、粗大ごみとして処分する案もありますが、一つ一つ処分費を支払っていると返って高くなるので気をつけてください。

敷地に物が大量にある場合はごみ回収の専門業者に依頼した方が迅速で、また経済的な処分費で済むのでオススメです。