お役立ち情報ブログ

不用品回収においての行政と業者の違い

粗大ごみなどを処分するには行政の粗大ごみ回収か民間の不用品回収に依頼するしかありません。
自宅の庭に置いておく以外は個人で他の敷地に捨てると違法投棄になるからです。

 

行政でも業者でも費用はかかります。
費用的には行政の方が安価である事が多いようです。

 

依頼方法においては行政は粗大ごみ収集受付センターなどに連絡し、業者は電話・インターネット・メールで連絡するのが一般的です。

 

業者の場合は定期的に地域を回っているケースもあるので、不用品の種類を話し回収費用を確認するのも良いでしょう。

 

回収日時は行政は日時が決められているが業者は自分で決められるのが利点です。
行政の場合、日時が相手に指定されてしまいますので、その時間内に指定の場所に不用品を出さなければならないのです。

 

また、回収品目は行政は品目が限られているが、業者はあまり制限がないのも有り難いところです。
行政では絶対に回収して貰えない物もありますので、その場合は民間の業者に依頼するしかありません。

 

品目によっては思ったより費用がかかる事もあるので前もって電話確認しましょう。