お役立ち情報ブログ

遺品整理って何をするの?

遺品整理とは、ご遺族の方が大切な故人を想い、偲びながら「思い出の品々を整理する」ことです。

 

遺品整理は、仕分けをする品々の量が多いため、大変な作業です。

 

今は、核家族化が進み、一つの家に、何世帯も一緒に生活するということが少なくなってきました。

 

医療技術の向上などにより、独居老人が増え、誰にも看取られずに死んでいくケースさえあります。

 

故人が亡くなり、アパートなどの賃貸物件に住んでいた場合などは、早急に遺品整理をして退居しなければなりません。

 

品物には、印鑑、現金、預金通帳、アルバム、日記、衣類、家具、家電など、ただ片づけ、廃棄して清掃して終わりではなく、あるものすべてを仕分けしなくてはなりません。

 

その後、親族間や親しい方々で形見分けするもの、処分するもの、供養するものなどに分けて整理します。

 

昔は、遺品整理の作業は、故人の家族や親族の身内でやることが多かったのですが、現代では、便利なプロの遺品整理業者がいるので、その業者に依頼すれば、驚くほどきれいに片づけてくれるのので、年々整理業者の依頼する数が増えています。