お役立ち情報ブログ

収納が少なくて困ったときの片付け

収納がたくさんあれば、見えないところにしまえますので、一応はお部屋がきれいになります。

 

しかしあまり収納がない場合には、かしこいテクニックが必要となります。

 

まず最初に部屋にある持ち物の全体像を把握することからはじめましょう。

 

何がどれくらいあるのかを把握せずに収納しようとしても、結局一時的にしかきれいになりません。

 

生活していくうえでずっとキレイを維持するためには、場所ごとに整理収納することが大切です。

 

その場所の目的や必要なモノを自分で把握して、それから実際の収納にとりかかるとよいです。

 

実際にモノを使用する場所と収納がバラバラであれば、当然使用する段階になって余計な手間が生じてしまいます。

 

それに動線もムダに多くなってしまい、暮らしやすい部屋にすることができません。

 

収納がしっかりできているのはもちろん、毎日の暮らしをよりスムーズにすることも実現しなくてはなりません。

 

そのために、モノの行き先を仕分けすることで、モノを使用するときも、使用したあとも困らずリバウンドをしない整理整頓をすることができます。