お役立ち情報ブログ

デジタル遺品って?

ちょっとまだ聞きなれない言葉かもしれませんが、ずばりデジタル遺品とは、故人のスマートフォンやパソコンの中に遺されたデータのことです。

 

最近ではソーシャルネットワークなどはもちろん、パソコンやスマートフォン、あるいはタブレット自体にもたくさんのデータを保存してあることがほとんどです。

 

デジタル機器の性能が良くなっているので、小さな機器であっても膨大な量のデータが残せるようになったこともあり、こうしたデータも遺品として重要な意味をもつようになってきているのです。

 

​しかしこうした故人を偲ぶ「遺品」を整理できるの人は限られるうえ、通常は本人しか取り扱えないのがほとんどです。

 

加えて本人がいなくなったあとは、遺された家族にはなす術がありません。

そうならないために、なるべく生前にパスワードなどを聞いておきましょう。

 

また、データについてどうしてほしいかという希望を聞いておくことも重要です。

 

しかしそれがかなわず、さらに遺族がパソコンに詳しくなく何をしてよいか分からない場合は、そのような業者に依頼しましょう。