お役立ち情報ブログ

壁についたシールや落書きを落とすには

子育てをしている家庭でよくあるのが、子供が壁にシールを貼ってしまったり落書きをしてしまうという事です。

シールは貼ってからしばらく時間が経ってしまうと、綺麗にはがす事はできません。

 

 

落書きの場合は使ったペンの種類によっては、簡単に落とす事が難しいです。

このような時、簡単に綺麗にする方法がいくつかあります。

 

 

まず、貼りついてしまったシールを綺麗にはがす為には温める事が大切です。

シールは温めると、粘着力が緩むという特徴があります。

 

 

その為、ドライヤーで温めたらはがしやすいです。

この時、壁の材質によってはドライヤーの熱で壁が溶けてしまう場合もあるので、材質に応じて方法を変える必要があります。

 

 

お湯で濡らしたタオルを壁に当てても効果があるので、ドライヤーが使えない場合はこの方法を利用しましょう。

落書きを落とす時には、使ったペンの種類によって落とし方が変わります。

 

 

水性ペンの場合は、水ぶきをする事で綺麗に落とす事ができます。

油性ペンの場合は除光液を使う事で綺麗に落とす事ができるので、使ったペンの種類によって落とす方法を変えましょう。

 

 

自宅の壁の材質を確認して正しい方法で、シールや落書きを落とすようにしましょう。