お役立ち情報ブログ,大阪府大東市

特殊清掃とはいったいなに?大阪の専門業者が説明します!

大東市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

「特殊清掃ではどのような作業をするのか、詳しく説明してほしい。」
「特殊清掃という言葉を聞いたことはあるけど、具体的な意味がよく分からない。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、特殊清掃ではどのような作業をするのか詳しく説明させていただきます。

 
□そもそも「特殊清掃」とは?

特殊清掃とは、孤独死や自殺などの現場で遺体の痕跡を取り除いて、室内をもとの状態に戻すための作業のことです。
特殊清掃が必要となる現場の多くは、遺体が発見されるまでに時間がかかり、腐敗や外傷の影響で遺体から血液や体液が漏れている状態になっています。
死亡してから時間が経てば経つほど汚れは広がり、耐えがたいほどの異臭を放つようになります。
とくに異臭は近隣住民とのトラブルの原因となることが危惧されるので、そのような事態を避けるための掃除をするのが特殊清掃だと考えていただくと良いでしょう。

 
□具体的にはどのような作業をするのか

 

*消毒・害虫駆除

部屋に入る前に、亡くなった方への敬意を込めて合掌をおこないます。
そのあと、片付けを始める前にまずは消毒と害虫駆除をして片付けるための準備をします。
遺体の周辺には害虫が発生してしまっている可能性が非常に高いです。
清掃作業をスムーズに進めるため、まずは害虫駆除から始めます。
消毒は塩素系の薬品などを使用して、部屋全体を消毒します。

 

 

*異臭の発生箇所や汚れの拭き取り

消毒や害虫駆除が完了したあとは、異臭の発生箇所の処理をおこないます。
洋室であればフローリングを解体・撤去し、和室であれば畳を撤去します。
特殊清掃の現場の異臭は残りやすいので、丁寧に適切な処理をおこないます。
異臭の原因となっている箇所を特定できれば専用の薬品を用いて清掃し、最後にオゾン脱臭機を運転させると清掃作業の完了です。

*お客様による確認

清掃作業が完了すると、換気をして室内の異臭がなくなっているかを確認します。
確認が取れ次第、通常清掃をおこなって作業終了となります。
しかし、数日たってから再び異臭が発生してしまうというケースがよくあるので、無料でアフターケアをおこなってくれる清掃業者を選んでおくようにすると安心です。

 
□まとめ

今回は、特殊清掃ではどのような作業をするのか詳しく説明しました。
今回の説明で特殊清掃に関する理解が深まっていれば幸いです。
当社は大阪を中心に不用品回収やゴミ屋敷の清掃、特殊清掃までおこなっております。
ご不明な点などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

 

大東市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ