お役立ち情報ブログ,大阪府茨木市

不用品回収でエアコンを回収してほしい!! 室内機を取り外す方法とは!!

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

不用品回収でエアコンを取り扱っていることは多くあります。

ただ、そのためにはエアコンを取り外す必要があります。

取り外しまで請け負ってくれることもありますが、有料となることがありますので、その場合はできるだけ自分で取り外しておきたいものです。実は室内機の取り外し方は手順通りに行えば自分で行うこともできます。ここでは室内機の取り外す方法をみていきます。

 

準備としてエアコンのコンセントを探しておきましょう。

コンセントが見つからない場合は電線がブレーカーから室外機へ繋がっていたり、室内機の裏に隠れていたりすることもあります。

 

エアコン全体に行き渡っているガスを室外機の中に閉じ込めるためにポンプダウンを行うことが必要です。

室外機のカバーを外したら2本の配管と配線が出現します。

細い方の配管のバルブを右方向に閉めた状態で冷房運転を行います。室外機のファンが回り始めて2分程度経過したら、今度は太い配管を閉めて、電源を切ってアースとコンセントを抜けば第一ステップ終了です。

 

次に室外機の配管やパイプを取り外すステップに進みます。配管2本と配線をレンジで外していきましょう。じわじわと緩めるのではなく一気に力を入れて回すのがポイントです。

緩める際にガスの噴出がなければポンプダウンは成功です。

電線は白く横に長い箇所を押しながら、引っ張るだけで簡単に外れます。

 

いよいよ室内機の取り外しになりますが、そのままだと室内機の配管を取り出すのが大変なため、適切な箇所で切断しておきましょう。カッターで配管まわりのテープを切って、内部はペンチで切断可能です。

 

室内機の下側にあるプッシュマークを捺すようにして、本体を軽く手前に引きながら持ち上げると外すことができます。

室内機の内側に隠れて見えないこともありますので、見当たらない場合は内部を探します。最後に壁についている鉄板を外せば室内機の取り外し完了です。

 

室内機を外した後には室外機と繋がっていた配管の穴があいています。

そのままにしておくと、風が入り込んだり、雨漏りになったりしますのでキャップがあれば閉めて、無ければパテで埋めておきます。

一時的に凌ぐ場合には新聞紙やタオルを使用してふさぐ方法もあります。

 

以上のような手順でほとんどの室内機を取り外すことは可能です。

ただメーカーや取り付け状況によってこの限りではありません。

また、どうしても自分では難しいと感じる場合に無理に取り外そうとすると、外壁や室内を傷つけてしまうこともあります。厳しいと感じた際には専門家に相談するのが得策です。

 

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be