お役立ち情報ブログ,大阪府茨木市

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴をご紹介!

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。
「自宅がゴミ屋敷みたいになりそうで不安。」
「ゴミ屋敷になりやすい人の特徴ってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
片付けをしてもすぐに自宅が散らかり、ゴミ屋敷になりかけている方は意外と多いです。
そこで今回は、ゴミ屋敷になりやすい人の特徴について紹介します!
 
 
□ゴミ屋敷ってなに?
 
ゴミ屋敷とは、大量のゴミが放置された建物や土地のことです。
物の供給過剰や単身世帯化、住人の高齢化などがゴミ屋敷の背景として挙げられます。
これによってさまざまな問題が引き起こり、各自治体が対応に追われています。
 
 
□ゴミ屋敷になりやすい人の特徴ってなに?
 
*物をなかなか捨てられない
 
ゴミ屋敷になりやすい人の特徴として一番多いのが、物をなかなか捨てられないことです。
そして、この特徴が特に多く見られるのが高齢者です。
戦後間もない時代は物を粗末にすることがなく、その時代に生まれた人は物を捨てることに抵抗を感じることがあると言われています。
そのため、一般的にはすぐに捨てられる紙袋や古くなった日用品などを保管する方が多いです。
このような行動が積み重なることで、どんどんゴミが溜まり、最終的にゴミ屋敷になってしまうケースが多いです。
 
*何かしたときに片付ける習慣がない
 
部屋に物を放置していても気にならず、何かしたときにも片付ける習慣がない方は要注意です。
子供の頃から親に片付けをせずに注意され続けている人は、これに当てはまるかもしれません。
そのような方は、ゴミを指定の日に出し忘れ、そのゴミが溜まっていきます。
この場合、生ゴミが放置されていることが多く、悪臭や害虫が発生している可能性が高いです。
 
*ADHD(注意欠如多動性障害)などの障害がある
 
物を片付けられない人は、ADHD(注意欠如多動性障害)を幼少から抱えている可能があります。
ADHDの場合、集中力や活動性などの感情や能力を自分でコントロールすることが難しいです。
そのため、日常的にパニック障害に陥ってしまい、片付けを放置することが多いです。
また、ADHDを抱えている人は物事に集中するのが苦手であるため、掃除を魔界ステップに分けることがおすすめです。
そうすることで、短い時間で集中して掃除ができます。
 
 
□まとめ
 
今回は、ゴミ屋敷になりやすい人の特徴について紹介しました。
この記事を参考にして、自分が当てはまるかを確認し、自宅がゴミ屋敷にならないように心がけましょう。
また、当社では大阪を中心に不用品や粗大ゴミの回収を行なっています。
ご不明点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。
茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ