お役立ち情報ブログ,大阪府茨木市

不用品回収と不要品回収の気を付けるべきポイントを解説します

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

不用品と不要品の違いをご存知でしょうか。
字は似ていますが、処分方法や買取方法が異なるため、注意が必要です。
不用品と不要品の違いを理解することで、経済的にも得をすることがあるでしょう。
そこで今回は、不用品回収と不要品回収の気を付けるべきポイントを解説します。

 

□不用品と不要品の違いとは

 

不用品は、壊れて使えない状態のものを指します。
例として、リモコンのスイッチを入れても動かないテレビや、足が壊れて座れないイスが挙げられます。
修理ができず使用不可能であると考える方が良いでしょう。
年数によって買い取りをしてくれないリサイクルショップがあり、不用品回収に出す必要がある可能性が高いため、注意が必要です。

不要品は、まだ使用できるけれど要らなくなったものを指します。
購入した当初は頻繁に使っていたけれど、もう使わなくなったものはありませんか。
引っ越しや季節の移り変わりによって買い替える人が多く、そのタイミングで不要品となることが多いです。
まだ使用可能であるため、リサイクルショップでも高く買い取ってくれるでしょう。

 

□不用品回収と不要品回収で気を付けるべきポイントについて

 

不用品回収は、家電リサイクル法を基準にして、それぞれの家電メーカーや販売店が回収することになっており、不用品を持っていく必要があります。
しかし、高齢者の方や忙しい方は持ち運ぶことが大変であるため、回収業者に依頼することをオススメします。
回収業者に依頼をすることで、面倒な手間を省けるでしょう。

不要品回収の場合は、まだ使えるものかどうか判断することが大事です。
製造されてから時間が経ってないものは、リサイクルショップで高く売れる可能性があるでしょう。
買い取り金額だけで判断するのではなく、回収方法についても確認する必要があります。
ご自宅や希望の場所まで取りに来てくれる方が、手間がかからず楽ですよね。

 

*捨てる前に確認する

 

不用品と不要品の違いを理解できていないと、本来必要のないリサイクル料を払う可能性があります。
自分ではもう使えないと思っても、買い取りが可能な場合があるので、捨てる前に業者に確認すると良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、不用品回収と不要品回収の気を付けるべきポイントを解説しました。
まだ使えるものかどうかで、処分方法や買取方法が変わります。
不用品と不要品の区別がつかない場合、当社はどんなものでも回収しますので、心配な方はお電話でご相談ください。
対応エリアであれば、電話一本で即日回収に伺います。

 

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ