お役立ち情報ブログ,大阪府茨木市

なんでゴミ屋敷はいけないの?

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

ゴミ屋敷を放置することで様々な問題が発生します。
まずは害虫の問題です。
周囲に害虫がはびこることだけでなく、病原菌などを媒介することもあるため、早急に処置をしなければなりません。
悪臭に関する問題もあります。
周辺に悪臭がまかれ、生活に支障を与えるという事が発生し、窓を長期間開けることができない、洗濯物を干すことができないなどの弊害が発生してしまいます。
こうした近隣住民への問題こそがゴミ屋敷を放置してはいけない理由です。
特に火災の問題、敷地からあふれ出るゴミによって発生した交通事故などの影響なども当然ながらあります。

 

ゴミ屋敷自体を改善させる法律はなく、道路が正常に使えないなどの理由で道路からゴミを除去させるといったことまではできるものの、ゴミ屋敷を強制的になくさせるということはできず、各自治体が条例を制定し、度重なる指導をしてそれでもダメな時に行政代執行を行うという手順が取られます。
財産権の観点から闇雲にゴミをどかすということができませんでしたが、ゴミ屋敷を取り締まる条例を新設するところは増えており、それを基に改善を促し、それでもダメなら行政代執行という手続きを行う事態が、今後増えることが予想されます。

 

 

茨木市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be