お役立ち情報ブログ,大阪府箕面市

ごみ回収に関して知っておきたいこと、出し方のルールについて

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

人が日常的に暮らす中では、多くの商品を購入するという消費行動を行いますが、一方では購入すれば容器やパッケージなどに包まれていることもあり、必ず捨てるべきゴミが発生します。科学技術も発展しており、ごみ処分の方法も以前よりは優れた技術の導入により改善し、気軽に出すことができるようになっていますが、出し方には自治体や地域などでルールを設けているのは当たり前のことです。
その理由にはごみ回収でも無尽蔵に回収することが出来る物ではなく、仕分けを行うことでより効率よくごみ収集場が処分することが可能となります。他にも燃焼をベースにしますが、中にはダイオキシンが発生するごみが存在するため、環境汚染にも結び付くことがあるからです。

ごみ回収に関しては、基本的に自治体によって出し方のルールを設けていることが多く、それに則って出すことが必要です。引っ越しをした場合に、役所に転居届を届ける際に、ごみ回収での出し方のルールを記載したチラシを貰うことが多いですが、それに総て明記されています。
しかし最近はルールを守らないマナーを無視した方も増えており、地域によってはごみの問題が浮上することも多いです。例えばごみ回収でもルールを守らないため、それを持ち運びしてくれなく、そのままごみ収集場所に放置した状態で置き去りにされるケースがあります。

そのため地域の住人が管理しなくてはいけない状態に追い込まれることもあり、こうしたルールを守らない人が地域の課題になることが多いです。他にも自治体ごとに扱いの方が違ってきたり、ルールも変わっていることが多く、温度差も存在します。
他の地域では通用したごみ回収時の出し方が、ここの地域では通用しない点もよく見受けられます。そのため事前に出し方を把握しておくことは住民にとっても義務であり、安心の社会生活を送る上でも必要不可欠の要素です。

ただ一般的な出し方のルールを把握する上では、燃えるごみと燃えないごみ、資源ごみ、粗大ごみなどの種類を覚えておくと良いです。燃えるごみは燃焼することができるごみで、端的には火にかけて燃やすことができるものとなります。
紙や木材、衣類などの火で燃やすことが可能です。燃えないごみは火にかけても燃えない、燃やしにくいもので、プラスチックなどの容器が該当します。
資源ごみはリサイクルできるごみになり、再利用を可能とするものです。

ラベルなどをよく見れば、リサイクルのマークが描かれているため、容易に判別することができます。なお粗大ごみは大型のゴミで焼却炉などで処分が難しいものや特殊な処分方法を必要とするものが該当します。

箕面市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ