お役立ち情報ブログ,大阪府寝屋川市

ゴミ屋敷の清掃にかかる費用こんなに高かった?節約するためにできること

寝屋川市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

ゴミ屋敷という名称がつくほど処分するものがたまってしまえば、お金がかかるのは当たり前のことですが、それでもできるだけ費用を抑えて節約したいということであれば、それなりの努力と工夫が必要となります。

 

まずは公共のゴミ処理方法を認められる範囲で利用するのが一番です。どこの市区町村でも、今は分別処理をしていますので、そのルールを守って、こまめに出すのがおすすめです。

 

その自治体によって多少は異なりますが、燃えるもの、プラスティック類、ミックスペーパー、段ボール、着るもの、燃えないもの、瓶、缶、ペットボトルといった具合になっています。

 

大型のものは料金がかることがありますが、専門業者に回収してもらうよりは安い費用で処分できるところがほとんどですから、詳細を調べ、対応しておくのも節約につながります。

 

ただし、最終的に処分業者に依頼するということになる場合には、総量で処分してもらうと割安になることもあるので、この関係の比較検討を省くことはできません。

 

家電関係はどんなに傷んでいる品物でも、リサイクル料金がかかります。エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビです。

これはその処分方法に従うしかないので、最終的には処分業者に依頼するとして、別途お金がかかることの覚悟が必要です。

 

そして、ある程度使えるものであれば、リサイクル業者に引き取ってもらうことも考えたらいいでしょう。

大したお金にはなりませんが、買い取ってもらえることもありますし、買い取れないものでも一緒に処分してくれることがあります。お皿や花瓶などもそうしたものとなります。

 

さらには公共施設に寄付するのも一策です。使えるものであれば喜んで引き取るところもあり、不用品が役に立つこともなきにしもあらずとなります。

 

こうしてできる限り自分で処分して、量を少なくする努力をすると全体の処分体積が減少するのが、最終的な費用は少なくて済むということにつながるのです。

 

実際に自分で処分するときに困る品物がいくつかあります。前述した家電関係とは別に、消火器も勝手に処分できません。

 

これは自治体の指導に従うしかありません。新しいものを購入するときに古いものを引き取る業者はいますが、処分だけには結構お金がかかります。

 

また、ペンキ液の入っている缶の処分も自治体は引き受けません。販売先に相談し引き取りを依頼せよと指導されます。

 

このように面倒な品物もあるので、最終的には回収処分業者に依頼することとなりますが、自分で処分するには手間暇やお金が意外とかかるというものは、専門家に依頼すれば、まとめて全体処分の中で行うので安く済むということになります。

 

寝屋川市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be