お役立ち情報ブログ,大阪府寝屋川市

産業廃棄物と一般廃棄物の違いって?

寝屋川市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

産業廃棄物と一般廃棄物の違いがわかりにくいという声を聞きますが、さほど難しいものではないのです。
特定の業種に限定して産業廃棄物は排出されます。
極端な例でいえば、原子力発電に伴う使用済み核燃料はあきらかに産業廃棄物にあたります。

 

何かの産業によって排出されるもので、一般廃棄物に該当しないものが産業廃棄物になるのです。

次に、業種を限定せず産業廃棄物となるものもあります。
例えば、建築工事に伴う廃棄物です。
廃材などがこれにあたります。

 

それ以外にも、こうした廃材処理にコストがかかるため、不法投棄が行われていて社会問題になっています。

こうした産業廃棄物は、業種によってことなります。

有機物であれば自然に帰っていきますが、人工物の場合、半永久的に残るため、コンプライアンスが求められるのです。

 

産業廃棄物とされた物以外の廃棄物は、一般廃棄物であり、通常であればゴミ処分ができます。
ただ、最近は家電製品などはリサイクル料金がかかりますが、一般的に地方時自体で処分できるものがこうした一般廃棄物に該当し、それ以外が産業廃棄物になります。
寝屋川市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be