お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市旭区

不要品回収と遺品整理の違いについて解説します

大阪府大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです

人間は生活を続けていると何かと、モノが溜まってゆくものです。

購入当初は何らかの動機があったり、気に入った部分があったので心ひかれて購入しているはずにもかかわらず、いつの間にやら不用品の山になっていることも珍しくないのです。

「こんないらないもの、いつ購入したのかわからないけど、処分をするのも面倒。」

こんな感想を抱くことの二度や三度の経験は誰にでもあるものでしょう。

最近では自治体ごとに厳密な分別方法が決められているので、粗大ごみ一つ処分するのも大変です。

高齢者だけの世帯などにあっては、処分したい意思をもってはいても肉体的にきついために、已む無く放置していることもあるようです。

 

こういった場面で活躍するのが不用品処分の専門業者になります。

代表的な業者には不要品回収と遺品整理を指摘することが出来ます。

両者にはその仕事内容には違いがあるので、ニーズにあわせて使い分けるのが賢明な利用方法といえます。

典型的な故人の遺品を処理する事例を取り上げて、不用品回収と遺品整理の違いについて御紹介しましょう。
まず故人の遺品については粗大ごみに至らない程度であれば、ご遺族の方でも十分処理することが叶います。

しかしごみや不要品などの分量が多かったり、粗大ごみなどが数多くあるようならば専門業者に依頼するほかありません。

この時に不要品回収業者に依頼すると、粗大ごみも含めてそれぞれの自治体のルールに従って分別や回収に応じてくれることは期待できます。

しかし特段のオーダーを出さない限り、基本的に故人の持ち物はすべてごみとして処分するスタンスに変わりはありません。

中にはアンティーク家具やアクセサリーなどの買取にも対応している場合もありますが、専門の目利きがスタッフにいるとはかぎらないのでさほどの換金も期待できません。

記念品的物品を残しておきたいなら、遺族側で事前に取り分けておく必要に迫られます。
これに対して遺品整理業者に依頼した場合はどうでしょうか。

遺品整理業者の場合は遺品をごみとしてとりあつかうことはなく、遺族にとって意味合いのあるものは積極的に探索するというスタンスが基本になります。

捨てるか残すかの餞別も丁寧に行ってくれますし、最終的には処分する場合であっても最後まで遺品として残す可能性がある以上、丁寧に扱ってくれます。

また一番違ってくるのは遺品の供養を行ってくれることにあります。

遺品整理は故人の持ち物を供養して、遺族との別れを最終的に仕上げる側面を持っているので、僧侶を呼んで供養するなど独自のサービスを提供しているので遺族に寄り添った対応を期待出来ます。

 

大阪府大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be