お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市旭区

不用品回収業者が解説、処分する際によく利用される方法

大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

不用品は自治体の粗大ゴミ回収を使うと1点につき500円や1,000円などの費用が必要になります。

粗大ゴミ回収は家電リサイクル法で指定が行われている電化製品およびパソコンの回収はできないので、家電量販店に持って行くなどして処分が必要です。

その点、不用品回収を使えば、まとめて要らないものを処分することができるメリットもあります。

 

粗大ゴミ回収の場合は、要らないものを選出した後、住まいを管轄している市区町村の役所に連絡をする、手数料などの金額を教えて貰った後は、最寄りの郵便局や粗大ゴミ処理券の発券ができるコンビニを使って手数料を納付しなければなりません。

料金を納めると同時に粗大ゴミ処理券を受け取るので、これに住所などを記載して粗大ゴミ回収に出す品物に貼り付ける、品物を所定の場所に運び出すなどの手間も掛かります。

1つ2つ程度であれば、それほど手間も掛かりませんが、回収して貰う品物が大きな家具やベッドである、重量のある家財道具であるなど、1人暮らしをしている人にとっては少々難易度も高くなるのではないでしょうか。

その点、不用品回収業者は、連絡を受けることでご自宅まで回収に伺いますし、家の中に置いておけばその場で見積もりを作成、回収して欲しい時には担当者がご自宅から不用品をトラックに運びますので手間も掛かりません。

不用品を処分したい人の中には、部屋の中にある電化製品一式、布団や家具など大量に捨てたいと考えている人も多いため、トラックに積み込めるだけでのプランを用意しているケースも少なくないのです。

 

例えば、軽トラックの荷台に積み込めるだけ回収をする、家の中にある大半の家財道具を処分したい時には2トントラックなど、不用品の回収量に応じてまとめて処分ができる方法を用意している業者を使えば、手間をかけることなく家の中にある不用品すべてを持って行くこともできます。

軽トラックの荷台や2トントラックなど、車両のサイズにより金額も変わりますが、基本的には積み込めるだけの量を一律料金で不用品回収ができるので、費用面においてもお得感があるなどのメリットも持ちます。

遺品整理などで大量の家財道具を捨てたい時など、指定サイズのトラック積み放題プランを使えば、回収費用の節約にも繋がりますし、回収の際の搬出はすべて業者スタッフが行うので一人暮らしの人を初め、お年寄りや女性などでも安心です。また、古物商許可を持つ不用品回収業者を使えば、回収費用を支払うだけでなく、家財道具の買い取りも可能なケースがあるので、一度見積もりを依頼すると良いでしょう。

大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ

https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be