お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市旭区

遺品整理をご検討中の方へ!遺品整理を行うのに適したタイミングをご説明します!

大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

遺品整理はどのタイミングで行うのが適切であるのかとお思いの方は多いと思います。
遺品整理には適したタイミングがあり、適したタイミングで遺品整理をしなければ、損することもあります。
そこで今回は、遺品整理を行うのに適したタイミングと始めるときの注意点についてご説明します。

 

□遺品整理を行うのに適したタイミングとは?

遺品整理を行うのに適したタイミングは次の4つのタイミングです。

1つ目は、四十九日を迎えた後です。
四十九日には親族が多く集まるため、親族の間で遺品整理について話し合えます。
また親族が多く集まることから、このタイミングで形見分けもできます。

2つ目は、諸手続きが完了した後です。
お亡くなりになった後、その遺族は死亡届や年金、保険金などに関する多くの手続きをしていくことになり、遺品整理をしている余裕がありません。
そのため、それらの手続きが完了してひと段落ついたタイミングで遺品整理するのも良いでしょう。

3つ目は、相続税の発生前です。
相続税は、故人の遺産にかかる税金のことです。
その遺産が非課税額を超えると、相続税の申告書を作成し、税務署に故人がお亡くなりになってから10ヶ月以内に提出して納税する必要があります。
そのため、相続税の発生前から余裕をもって遺品整理をする必要があります。

 

□遺品整理を始めるときの注意点とは?

これまで遺品整理に適したタイミングをご説明してきましたが、遺品整理を始めるときには注意が必要なことが5つあります。

1つ目は、重要な書類を捜索することです。
重要な書類の中には手続きの期日が設けられている書類もあり、そのような書類に関する手続きは優先的に済ませる必要があります。

2つ目は、遺書やエンディングノートのような故人の意思が表されているものを探すことです。
そのようなものには、遺品の処分方法や遺産相続などに関することが記されていることがあるため、親族の間でトラブルが生じないようにするためにも探すようにしましょう。

3つ目は、親族の合意をとっておくことです。
遺品整理を親族の合意なしに勝手に進めると、親族の間でのトラブルにつながる恐れがあります。
そのため、親族の合意をとったうえで遺品整理を始めるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、遺品整理を行うのに適したタイミングと始めるときの注意点についてご説明しました。
遺品整理をご検討中の方は、今回ご説明したことをぜひ参考にしてみてください。
当社では、遺品整理のお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be