お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市旭区

ゴミ屋敷と法律の関係性

大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

ゴミ屋敷と法律の関係は非常に難しいものです。

ゴミが、本当のゴミなのかを判断するのは、土地を所有している個人の権利で、土地所有者に、ゴミではないと言われれば、勝手に撤去したり、片づけることは法律上認められていません。

 

 

ゴミ屋敷は、強烈なにおいや衛生的な問題、安全性の問題があり、近所の迷惑にもなります。

個人の所有権・財産権が認められている以上、強制的に撤去することができないのが法律で定められています。

 

 

ゴミ屋敷の問題は、本人とは別に、近所に住む人、隣人が非常に迷惑していることが現実問題です。

法律上、強制的に撤去することができないと言っても、ゴミ屋敷を長い間放置しておくことは、犯罪や、放火の問題も抱えることになります。

 

 

個人の所有権・財産権が認められているので、行政でもゴミを処分したり、撤去したりするには、さまざまな手続きが必要とされています。

 

 

強烈なにおいや衛生的な問題、安全性の問題もあり、少しでも早くゴミ屋敷を撤去するために、周辺の住民は、自治体に要請していくことが大切です。

法律との関係性が重視される中、どのように解決していくかがポイントになります。

 
大阪市旭区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be