お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市福島区

ゴミ屋敷回避!汚れた窓ガラスを掃除する際に知っておくべきポイント

大阪市福島区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

どんなに家を綺麗に掃除しても、窓が汚いとそれだけで気分が台無しになることってありますよね。

また、窓ガラスは部屋の中でも一番目につきやすい場所でもあります。きちんと掃除をして、見栄えのいい部屋にしましょう。

今回は窓ガラスの掃除のポイントについてご紹介します!

 

ガラスが汚れる原因
窓ガラスが汚れる原因は内側と外側で違います。内側の汚れに関しては、煙草やあぶら汚れ、ほこりなどによるものです。

外側の汚れに関しては土砂や排気ガスなどによるものです。

外側の汚れはほとんどの場合、水だけで簡単に掃除することができます。

 

ポイント1 雨の日は窓ガラスの掃除に最適
マンションやアパートに住んでいる場合は雨の日がガラス掃除には最適です。

他の日だと、洗濯物を外に出している家庭も多く、窓ガラスに水をかけると近隣の家に迷惑が掛かってしまいます。

窓の外側から水で洗い流したい場合には雨の日を選びましょう。

 

また、窓を本格的にきれいにしたい場合には、梅雨と秋の時期がオススメです。

正月の大掃除で窓を綺麗にする方が多いですが、冬は窓がカチコチに凍っているため、窓の掃除には向きません。

 

ポイント2 新聞紙だけでも掃除できる
実は新聞紙一つあれば、簡単な窓の掃除には十分です。新聞紙一面分をくしゃくしゃに丸めて、ボールを作りましょう。

まずは濡らした新聞紙ボールで窓をふき、次に乾いた新聞紙ボールで水気を取りながら隅々までふいてしまいましょう。

新聞紙が窓ふきに向いている秘訣はインクにあります。インクが油や手垢の成分を分解するので、洗剤を使わなくても窓を綺麗にしてくれます。

 

ポイント3 ストッキングでも掃除できる
ストッキングは窓の掃除に使えば、万能のモップに生まれ変わります。

化学繊維から作られていることにより、静電気が発生し、汚れやほこりを吸引します。

そのまま、使っても便利なのですが、ストッキングだんごを作ればより便利です。

ストッキングだんごとはストッキングの中に丸めた靴下を入れ、お手玉のようにしたものです。

 

ポイント4 どうしても取れない汚れには洗剤を使う
窓の外側の汚れは水や新聞紙、雑巾があれば簡単に掃除できます。

内側に関しても大体の汚れが同様に取れますが、一部の手垢や油汚れが取れない場合、ようやく洗剤の登場です。

窓ふき専用のクリーナーは意外とふき取りが面倒なので、ふいてもすぐ乾くアルコールスプレーがオススメです。

 

以上、窓ガラスの掃除のポイントについてご紹介しました!
大阪市福島区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be