お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市東成区

ごみ回収に関する知識、雨の日に出す際の対処法は?

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

ごみ回収の時に雨の日には、生ゴミに水分が含まれてしまうので、非常に不快な臭いが漂ってしまいます。そのため対処法としては、生ゴミの回収の際にはゴミを回収する直前に出すことが望ましいでしょう。

 

特に梅雨の時期はこの臭いの問題は深刻なので、直前に出すようにすることが望ましいです。また、カラスなどがゴミを荒らしにくるので、生ゴミについては二重の袋に包んで捨てることが良いです。

 

ゴミステーションでも屋根が設置されたもので、ゴミが雨によって濡れてしまわないようにする配慮も必要になります。ゴミステーションを改装する問題については、市役所に申し出たほうが効率的です。

 

市役所に要望を出すことにより、ゴミステーションの衛生管理も徹底されるようになるでしょう。最近では、ネズミなどの小動物も場所を荒らしにくるので、超音波発生装置を設置することにより、撃退することができるものもあります。

 

このような装置は、ホームセンターで購入する事ができますが、無断でゴミステーションに設置すると注意されることがあるので気をつけましょう。

 

他には、ごみの臭いを除去するために消臭剤を使用することも良いですが、雨に濡れてしまうと効果は半減してしまいます。そこで雨に濡れることによって消臭効果を発揮する消臭剤を使用することが効率的になるのです。

 

ゴミを出すときには、分別を行うことが不可欠です。特に最近では、プラスチックごみであるにも関わらず、燃えるゴミとしてまとめて出しているケースが多くあり、結果的に負担をしなければならないのはゴミの回収業者です。

 

そのため、彼らの負担を最小限にするためにも、ごみを出す人たちが、しっかり分別を行なった上で出す必要があるのです。

 

最近では、通販サイトで利用したダンボールなどが多くなってきており、資源として回収することができるにもかかわらず、燃えるゴミとして出している傾向があり、資源を有効活用することができていません。

 

このような問題を防ぐためにも、市が率先して資源として再利用できるゴミは集中的に回収するように努力することが重要になるのです。

 

それだけでなく、カラスなどの動物に荒らされないようにする工夫も重要です。路上にゴミをそのまま置くのではなく専用のステーションを設置することで、地域の美化に貢献することが重要になります。

 

他には、ゴミの回収の時間を一定にすることも必要になります。いつも一定の時間に回収を行うように設定しておくことにより、ゴミを出す時間を統一することができるので、周辺の秩序が守られるのです。

 

大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be