お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市東住吉区

ごみ回収の日にちには要注意、時間の目安も解説

大阪市東住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

ゴミを回収してもらうときにしっかりと分別を守っていますか?

分別を守らないで捨ててしまうと回収されないこともあるので要注意です。

ゴミの回収には日によって回収されるものが決まっています。
それはゴミによって処分の方法が違ったり、集める場所が違うからです。

今日はゴミの分類についてと、回収の日にちと時間について紹介します。

 

□ゴミの種類
家庭で捨てるゴミには種類があります。
その種類を守ることで回収を行ってくれます。

もし、種類を守らないで回収に出してしまうと回収されません。

 

*可燃ゴミ
1つ目は可燃ゴミです。
一般的には「燃えるゴミ」と呼ばれることが多いものです。
このゴミは日常で一番多く見るゴミかもしれません。

具体的なゴミは、家でご飯を作る時に出た生ごみ、紙のゴミ、汚れのあるプラスチック製品、ティッシュペーパーなど様々です。
また、大きな紙や雑誌もここに含まれます。
しかし、それらは再生紙としてリサイクル可能です。そのため別の日に回収されることが多いです。

 

*不燃ゴミ
次は不燃ゴミについて紹介します。
この不燃ゴミは「燃えないゴミ」と呼ばれるものです。

具体例としては、プラスチックのケースや食品のトレイ、ペットボトルなどがあります。
ペットボトルは地域によってはリサイクル用に回収しています。
また、スーパーなどの店で回収していることもあります。

不燃ごみはプラスチックの製品がイメージとして強いですが、ガラスや食器なども含まれます。ガラスなどを捨てるときは自分もですが、回収してくれる人もケガをする可能性があるので気を付けて捨てなければなりません。

 

*その他
空き缶やビンも回収してもらえます。
これらは回収ご再利用されることや、一度溶かして新たなものに作り替えられます。

このほかにも生活を行っているとゴミは出ると思います。
しかし、粗大ゴミなどは一般の回収では回収してもらうことはできません。
業者に依頼したり、直接焼却場に持っていくなどの対応が必要です。

 

□ゴミの回収日
ゴミの回収日は地域や自治体によって定められています。
例として大阪市のある地域の場合を紹介します。
可燃ゴミは火曜日と金曜日、資源ゴミは月曜日、プラスチックは木曜日、古紙・衣類は木曜日となっています。

このように決められているのですが、地域によって変わるので調べる必要があります。

 

□ゴミ回収の時間
ゴミの回収車が何時に来るかは気になりませんか?
この時間を知ることでゴミを出し遅れることを防ぐことができます。

しかし、この回収時間ですがお住まいの場所によって変わります。
回収車が10時に焼却場を出発したとします。

この場合、初めに回収するところから最後に回収するところまでおおきな時間の差があります。
そのため正確に何時かは分からないのです。

日ごろから何時ごろに来るかを把握することで分かるので試してみてください。

 
□まとめ
ゴミの分別を守ることは回収するときに重要なことです。

大阪市東住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ