お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市東住吉区

不要品回収における費用の目安はどのくらい?

 大阪府大阪市東住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

引越しや部屋の模様替えなどをする際に、不要になった家具や家電製品を処分する必要が生じる場合があります。

不用品を処分する方法として、自治体に処分を依頼するか民間の不要品回収サービスを利用することができます。

民間の不要品回収サービスを利用すれば、大きな家具や重量物を搬出してもらえる場合があります。

不要品回収のための費用は、地域や会社ごとに違いがあります。料金のバラツキがあっても大まかな目安が存在するため、見積を依頼する際に相場を参考にすると良いでしょう。

 

冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンといったリサイクル家電の処分費用の目安ですが、一律で3千円~6千円に設定されているケースが多いようです。

家電量販店に依頼をする場合よりも、少し高めと考えることができます。ただし、金属を取り出してリサイクルを行う場合には無料で引き取ってもらえる場合があります。

 

電子レンジ・炊飯器・オーブントースター・ガスレンジなどの生活家電の場合は「家電リサイクル法」の対象外で、相場の目安は1点あたり500円~1,000円です。

ホットカーペットなどの大きな物は、3,000円前後となる場合があります。

 

パソコン本体やモニタ・プリンターなどは、会社ごとに費用に大きな違いがあります。

パソコン本体であれば1点あたり500円~1,000円、モニタは1,000円~2,000円が相場です。コピー機や複合機であれば、2,000円~5,000円が目安です。

家庭用のインクジェットプリンターは、自分で解体して金属とプラスチックを分別して資源ごみとして処分する方法があります。

プリンター程度であればドライバーやペンチがあれば誰でも簡単に解体ができるので、自分で処分をすることが可能です。

 

大型の家具は搬出や移動に必要な費用が加算されるので、費用が高額になります。

ソファであれば1点あたり3千円~10,000円、タンス・本棚・食器棚は2,000円~5,000円が相場です。

ただしリサイクルが可能な場合には、搬出・運搬費用のみの負担で済む場合があります。

 

民間の不要品回収サービスを利用すると、中古PCや使用可能な家電製品であれば買い取ってもらえるケースがあります。

金属のリサイクルや再資源化が可能であれば、自治体に依頼するよりも低料金で引き取ってもらえる場合も少なくありません。

民間の不要品回収サービスを利用して再資源化や中古品として流通可能な物を処分する場合には、買取の分を相殺することで自治体に処分を依頼するよりもトータルの処分費用を安くすることができる場合があります。

 

大阪府大阪市東住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be