お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市東淀川区

不用品回収と店舗持ち込みはどちらが良い?両者を比較します

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

自宅にある使えなくなったものや傷みが目立つようになったものを捨てずにそのままにしているということはありませんか?
「捨てるのにも費用がかかるし、少しでもお金にならないかなあ…」そうお思いの際にお勧めしたいのが、回収を依頼するあるいはリサイクルショップなどに持ち込むということです。

 

両方とも価値があると判断されれば換金できる方法ですが、今回は似ている両者にどのような違いがあるのかについてご紹介いたします。

 

◎不用品回収と店舗持ち込みの比較
不用品回収と店舗持ち込みは、手間の面・料金面・日数の面という三つの観点で違いが見られます。

 

○手間の面
不用品回収で大きいのはやはり運搬の手間を削減できることでしょう。
数品であれば問題ないのですが、大量にある不用品を一度に運ぶのは大変ですし、普通自動車に乗らないものもあるかもしれません。
そういったものをトラック一台で持って行ってもらえるのは助かることですよね。

 

一方で店舗持ち込みの際には、梱包の手間が必要ではありません。
不用品回収においては、運送のことを考えて段ボールに小物をまとめたりすく風のものを束ねたりすることが求められます。
小さなものが多くあるようならばまとめるよりも一度に店舗までも持って行って査定を行ってもらった方が手間はかからないかもしれません。

 

○料金面
回収されるもの全てが価値のないものと判断されてしまうと回収業者の方は作業費の分だけ出費が大きくなっていく傾向があります。
ただ不用品の中でも一部分が再利用できるなどの理由で価格の付くものはありますし、どの程度の価格で買い取ってもらえるのかということは回収業者や店舗の査定額によって変わってきますので、どちらの方がより高くなるかということは明言できません。

 

より高く売りたいという場合には、複数の業者または店舗に依頼して価格を比較することをお勧めいたします。
料金面で一つ異なるのがお金を受け取れるタイミングです。
店舗持ち込みの場合はその場で換金できますが、回収の場合は後払いであることが多いと言われています。

 

○日数の面
店舗は比較をすることがなければ数時間もしないうちに終わります。
一方で回収の場合は査定を別に行わなければならず、回収も含めると数日かかることも珍しくありません。

 

◎最後に
今回は、不用品回収と店舗持ち込みを比較し、どのような特徴の違いがあるのかについてご紹介いたしました。
両方にメリットもデメリットもありますので、ご自身がどのような点を重視したいのかによって選択されることをお勧めいたします。

 

大阪市東淀川区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be