お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市平野区

遺品整理において知っておきたい相続を分配するルール

大阪市平野区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

遺品整理において知っておきたい相続のことについてはいくつか重要なポイントがあります。遺産相続は身内の方が亡くなられた時からスタートします。そして、遺産相続する権利をもつ人で故人の持ち物を分分けるということになります。この故人の持ち物で分配されるのが動産や不動産、権利などで、そうした持ち物を受け継ぐということになるのです。
しかし、こうした財産の中には預金や土地などのプラスの遺産だけでなく、借金などのマイナスの遺産も含まれていることがあるのです。マイナスの遺産は負債になり、プラスの遺産を継承する場合にはマイナスの遺産も受け継いでいかなければならないのです。
負債もあるけれども、その割合が小さいなら、受け継いだ財産の中から負債の返済を行うということもできますが、全体としてプラスよりマイナスの方が多いなら、全ての遺産を放棄することができるようになっています。手続きは住まいがある住所の管轄家庭裁判所で行うことができ、認められれば不要な遺産を受け継がなくてもいいようになっています。
故人の遺品を整理していた時に遺品の中は、遺族が全然知らなかった借用書などがある可能性もあります。その額がプラスの財産よりも多いという場合、定められた期間内なら相続人全員で相談して全ての遺産を放棄する手続きを取ることもできるのです。また逆に現金や不動産、権利書などのプラスの遺産が残されているケースでは遺品整理時に分配して受け継ぐということになるのです。
個人が亡くなった時にはなるべく早いうちに遺品整理を行って確認していくことが必要になるのです。というのは、遺産を放棄するという場合、その開始を知ってから3か月以内に遺産を放棄するための申述が必要とされているからです。この期間を過ぎてしまうと放棄できなくなってしまうのです。
そして、故人の遺産が全体的にプラスなのかマイナスなのかがよくわからないという時に、限定承認の手続きを行うこともでき、3か月以内に手続きします。この手続きは遺産を受け継ぐ権利がある人全員で行う必要があり、その中で一人でも同意しなければできません。
プラスの遺産なら遺産分割を行い分配します。このように、遺品整理においては知っておきたい遺産を分配するルールがあり、そのルールには期限が設定しているものや、全員の同意などが必要とされるものなどがあるのです。このため、親などが亡くなった時には速やかに遺産を整理する必要があり、全体にプラスの遺産があれば分割して受け継いでいき、マイナスなら放棄もできるということなのです。

大阪市平野区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be