お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市生野区

ゴミ屋敷から脱却しよう!乱れた生活リズムの整え方

大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

ゴミ屋敷からの脱却を目指しているみなさん!日々の生活が乱れてはいませんか?

部屋は生活の鏡ですので、ゴミ屋敷を作り出してしまう人は生活リズムが乱れていることが多いです。

 

朝方の生活に戻して、ゴミ屋敷を脱却した人もいます。また、昼夜逆転の生活はゴミ屋敷を作る原因になるばかりか、さまざまな悪影響の元となっています。

今回は乱れた生活リズムの悪影響と生活リズムを整える方法についてご紹介します!

 

生活リズムが乱れるとどうなる?

・睡眠不足になる
昼夜逆転生活が続くと、十分な睡眠が取れなくなったり、睡眠の質が下がったりする睡眠不足の状態になります。睡眠不足になると、注意力が低下し、ストレスの原因となります。

 

・肥満になりやすくなる
睡眠の質が低下すると満腹感を感じさせるホルモンが減少し、食欲を増加させるホルモンが増加します。この状態になると、食べすぎによる肥満になりやすくなります。

 

・病気のリスクが高くなる
生活リズムの乱れが続くとは高血圧や糖尿病のリスクが高くなります。その他、成長ホルモンの分泌量が少なくなり、免疫力が低くなってさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

整え方1 朝食をとる
朝食は起床した後の身体にエネルギーを与え、体を活動モードに切り替える働きがあります。

エネルギーに切り替わりやすい、パン・ご飯などの炭水化物と糖分を含むフルーツは特に朝食に適しています。

また、朝食を利用して一気に生活リズムを整える方法があります。

それは起きたい時間の12~16時間前から絶食することです。絶食をやめて食事を口にするときに体はその時間を朝とみなします。

 

整え方2 睡眠の質を上げる
睡眠の質を上げるためには寝る前の食事が重要になってきます。

まず、満腹の状態で寝るのはやめましょう。さらに、カフェイン・アルコールの摂取も控えましょう。

カフェインをとると寝られなくなるのは有名ですが、アルコールも睡眠の質を下げます。注意しましょう。

 

整え方3 スッキリ目覚めよう
すっきり目覚めるのは難しいという方も多いですが、すっきり目覚めるコツは光です。睡眠ホルモンの「メラトニン」は暗くなると分泌量が多くなり、明るくなると少なくなります。

 

したがって、夜は暗く、朝は明るくすることが大事です。起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

電灯の光よりも太陽の光の方がはるかに効果的です。

 

以上、乱れた生活リズムの悪影響と生活リズムを整える方法についてご紹介しました!

ゴミ屋敷の元凶は生活習慣にあります。生活リズムを整えることから始めましょう。
大阪市生野区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be