お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市都島区

キッチンのシンクの掃除のコツをご紹介します!

大阪市都島区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

キッチンのシンクのお掃除についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
キッチンは毎日使うところであり、掃除をする習慣がないと日に日に汚れが目立ってきますよね。
この記事では、キッチンのシンクの掃除のコツについてご紹介します。
是非、日頃のお掃除の参考にしてみてください。

□シンクが汚れる原因についてご紹介します!

キッチンのシンクには、水滴の跡や白い汚れがありますが、これらの原因を4つご紹介します。

まず1つ目は、水アカです。
水道水には、無機質成分やケイ素が含まれているため、他の汚れと混じることでシンクにこびりつきます。
また、汚れを放置しておくと、白っぽい汚れになるだけでなく、黒ずみや黄ばみができる可能性があります。

2つ目は、油汚れです。
シンクに付いた油を放置しておくと、熱や光の影響で酸化し、樹脂のようなものができます。
油汚れをおおよそ3〜6ヶ月放置しておくと、一般洗剤で汚れを取ることが難しくなるため、早めに掃除をすることがおすすめです。

3つ目は、石けんカスです。
石けんカスは、石けんの脂肪酸ナトリウム成分と水のカルシウムイオン成分が反応することで、脂肪酸カルシウムが主体の汚れができます。
石けんカスを放置しておくと、汚れを取るのが難しくなるため、早めに掃除をしましょう。

4つ目は、サビです。
シンクが金属の場合は、腐食性のガスや湿気が原因でサビが発生します。
また、メッキ製品である給水管や水栓キングなどにもサビができるため注意が必要です。
サビは一度できてしまうと落とすのが難しいため、日頃から掃除することをおすすめします。

□シンクの掃除方法をご紹介します!

シンクが綺麗だと、お料理をするときに気分が上がりますよね。
今回は、毎日できる簡単な掃除方法と汚れがひどい時の掃除方法の2つをご紹介します。

まず、毎日できる簡単な掃除方法をご紹介します。
最初にシンクの中は、お皿を洗うときと同じようにスポンジで洗います。
水で洗剤を落としたら、蛇口まわりやシンクの中を乾いたクロスなどで拭きます。
水滴が残っていると水アカの原因になるため、クロスで拭く習慣をつけましょう。

次に、汚れがひどい時の掃除方法をご紹介します。
排水口のぬめりが気になる場合は、塩素系漂白剤をかけ、5〜10分程放置し洗い流します。
蛇口まわりなどの塩素系漂白剤で取れない汚れは、クレンザーを使います。
また水滴が残っていると水アカの原因になるため、洗い流した後はクロスで拭くことを忘れないようにしましょう。
□まとめ

この記事では、キッチンのシンクの掃除についてご紹介しました。
汚れの原因は、水アカや油汚れ、石けんカス、サビが挙げられます。
汚れを放置すると落とすことが難しいため、日頃からお掃除する習慣をつけましょう。
是非この記事を参考に実践してみてください。
大阪市都島区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be