お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市浪速区

ゴミ屋敷が火災の原因になると言われているのはなぜ?

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

原因はいろいろありますが、住民が自分の家にゴミを溜め込んでしまうゴミ屋敷は、周辺の人にも多くの被害をもたらします。ときには火災が起きて類焼することもありますから、命の危険さえあるほどです。ゴミがあふれることがなぜ火災の原因となるのでしょう。そのことを詳しく見ていくと、人が誤って火をつけてしまう場合と故意に火を付ける場合、そして火が自然に出る場合とに区別することができます。

人が誤って火をつけてしまう場合というのは、例えば住人に喫煙習慣があって吸い殻の火を消さずに放置をしたり、通行人がゴミ屋敷の中にポイ捨てをしてしまったりすると、溢れているゴミに引火してしまうのです。ゴミの中には可燃性のものもありますから、火がどんどんと強くなる可能性があります。

他にはゴミが溢れているとネズミや虫などが家の中を徘徊しています。そのような状況でろうそくなどを使っていると、倒されて火がつくことだってありえます。

故意に火をつける場合というのは、簡単にいえば放火です。放火はより大きな炎が出て、人々が騒ぐこと見ることで快感、満足感を得るものです。そういうことで普通の家に放火するよりも燃えやすいものが家中にあふれているゴミ屋敷は格好の標的です。それにゴミによる臭いや害虫で周辺の人に迷惑をかけている家ということで、火をつけても罪悪感を感じにくいということもいえます。いずれにせよ、いつ狙われてもおかしくない状況というのは確かです。

火が自然に出る場合、というのは最も警戒しなければいけません。どういう事が起きるのかというと、ゴミが家中にあふれているとコンセントの周辺にもホコリが積もってしまいます。するとそのホコリに湿気がついて電気が通ってしまうのです。いわゆるショートした状態で大量の電気が通れば、火花が飛び散ってホコリに火がつきます。するとコードや周辺のものも燃えていき、やがては大きな火災へとつながるのです。これをトラッキング現象と言います。普通に日々の掃除をしていれば、これは容易に防げます。

集めるゴミには家電や家具などの家財道具を中心にしていることもあれば、生ゴミということもありますが生ゴミは放置していれば腐敗していきます。腐敗していく過程では熱が生まれるので、それが引き金となり火が出てくることがあります。自然に火が出る場合には、住人がいてもいなくても関係ないので、初期の段階で鎮火出来ずに燃え広がるので厄介です。

このようにゴミ屋敷が火災の原因になるのは、いくつかのパターンがあります。家や家財一式を失うだけでなく、命も奪う火災を防ぐためには、思い切って不用品回収業者に任せてみましょう。

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ