お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市浪速区

雑誌を捨てよう

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

 

部屋にあるものは全て必要なものであるという思い込みがありますが、部屋を見回してみると、不用品の多いことに気づくでしょう。

 

なかなか捨てられないものに、雑誌が挙げられますが、お気に入りの雑誌の場合、最新号が出るたびに買うという人も少なくありません。

 

けれども、雑誌はかさばるし時期を過ぎるとそんなに読まないという特徴がありますし、雑誌に掲載されている情報は新しいものですが、情報はすぐに古くなっていってしまいます。

雑誌にも食べ物でいう賞味期限のようなものがあり、目安は3か月で捨てる事というのを覚えておくといいでしょう。

 

毎月買っている雑誌であれば、新しいのを買ったら3号前のものは捨てるという習慣をつけると、古い雑誌がたまっていってしまうことはありません。
作りたい料理のレシピなど、どうしても捨てられないときは必要な部分だけ切り抜くようにすると未練なく捨てることができます。

 

たまに買う雑誌も、3か月という目安を基準に整理するようにしましょう。
捨てるのが面倒になってしまう雑誌ですが、必要なものとそうでないものを分けると、意外とすっきりと片づけることができます。

 

大阪市浪速区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be