お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市住之江区

ごみ回収業者が解説、粗大ゴミを回収してもらう方法

大阪市住之江区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

ごみの回収はそれぞれの自治体がルールを定めており、その具体的な方法などはそれぞれ異なります。多くの場合には可燃ごみやプラスチックごみや金属ごみなどのように種類別に分類して、指定されたごみ袋に入れてごみ回収に出すことが多いようです。ただし一部の大型ごみは粗大ゴミとして、別途回収を依頼することになります。粗大ゴミとされるのは机やタンスなどの大型家具や、ガスコンロや換気扇などの台所付器、さらに不要になった自転車や大きな布団や毛布や絨毯などがあげられます。これらについては回収の方法が自治体により指定されていますので、指示に従って処分するようにしましょう。新しく引っ越してきたため処分の方法が分からないという場合には、市役所や役場の係に電話などで問い合わせてみてください。

以前はエアコンや大型テレビなども粗大ゴミとして捨てられていたのですが、家電リサイクル法の施行によりこれらの家電製品はリサイクル料金を支払って専用業者に引き取ってもらうことが必要になりました。家電の買い替えの際に販売店にリサイクルを依頼するのが簡単で確実ですが、通販などで新しい家電を購入した場合には古い家電を自分で処分することが必要になります。郵便局などで家電リサイクル料金の支払いをしてから、それぞれの地域ごとに指定された専用業者に持ち込んで処分を依頼してください。

粗大ゴミの処分方法で多いのはあらかじめ電話などで回収を依頼してから、自治体が指定する業者にとりに来てもらうという方法です。電話などで相談をすると回収の日程などを指示されますので、指定された日の指定された時刻に自宅の前に出すようにすれば、あとは業者に回収作業を任せることができます。この時には事前に処分したいものの内容を正確に通知することが必要になりますので、「120cm幅の机」「ダブルベッド用の毛布」「4.5畳のカーペット」などのようにわかりやすく知らせてください。布団や毛布やカーペットなどは、運びやすいように畳んだり丸めたりして、紐で縛っておくようにしましょう。

回収の際には業者にわかりやすいように、「ゴミ回収よろしくお願いします」などと書いた紙を貼っておくことをおすすめします。自治体によっては依頼する際に一定の処分費用を支払って、入金を証明するシールなどを貼り付けることが必要になるかもしれません。自治体ではそれぞれ専用のごみ処理施設を設置しており、軽トラなどを利用して自分で粗大ゴミを持ち込める場合などもあります。引っ越しなどで一度に大量のごみが発生する場合には、自分で処理施設に持ち込むことを検討してみてください。

大阪市住之江区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be