お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市住吉区

終活ノートの種類

大阪市住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

エンディングノートとも呼ばれている終活ノートには、さまざまなタイプのものがあることをご存知でしょうか。
たとえば、ただ罫線だけが書いてあるノートで、思いつくままに好きなことを書き記していくものがあります。
また、日記のようになっているノートであれば、持ち主が亡くなった後に、どのようなことを考えていたのかなどを遺族の方が知る手掛かりにもなります。

 

そして、死後にしてほしいこと、希望の葬儀など項目別に記入欄が設けられているノートだったら、より詳しく故人の考えを遺族の方に伝えることが出来るのです。
しかし、終活ノートの一番の役目は、何といっても故人が担っていた役割を残された家族に伝えることに尽きるのではないでしょうか。

 

もし、故人が家計など家族の金銭的な遣り繰りなどを担っていた場合には、現代ではカードなどの暗証番号が分からないと大変に困ることもあります。
特にネットバンクやネット上で何か金銭的な問題が絡むものを利用している場合などには、IDやパスワードが分からないために、残された家族が困難な目にあうことも考えられるので注意が必要です。

 

大阪市住吉区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be