お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市大正区

ごみ回収は年末年始の休みはどうなっているの?

大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

年末年始は基本的に自治体ではごみ回収は行われないことが多いのです。そのため、年末年始のごみ収集については12月31日から1月3日は休業日とされていたりします。こうした年末年始のゴミ回収の休業日は各自治体で対応が異なっており、30日から3日までごみ回収が行われない自治体や5日から収集を開始するといった自治体などもあり、休業日についてはその地域の自治体に確認しておくことが大切です。
自治体でも毎年12月中旬ごろに年末年始のごみの収集ページなどで休業日の案内などがなされています。そのためホームページや回覧板などの情報誌などで確認しておくことが必要になります。また、この休業日は広報紙にも掲載されています。
また、家庭ごみなどの持ち込みに対応しているグリーンセンターなどのゴミ処理施設でもこうした期間は休業となっています。具体的にはいつの何時からごみの持ち込み受付が終了し、年明けのいつから再開されるのかということもチェックしておくようにしておきましょう。
多くの家庭では、年末が近づけば大掃除が行われます。この時期の掃除は1年の中でも大きな掃除活動といえます。気持ちよく新しい年を迎えられるように、いらなくなった雑誌や新聞、衣服や家具などがたくさん出ることも多くあります。仕事納めなどのタイミングや回収スケジュールなどで、定期的なごみ回収に出せなかったものなどのゴミを持ち込むという家庭もあり、こうしたゴミ処理場のお休みについては事前に確認しておきます。
また、リサイクルなどを行っているショップの出張回収などを利用するという場合には、業者の年末年始の休業のスケジュールもチェックしておきましょう。この時期は多くの家庭などから回収の依頼などがあるため、リサイクル業者も忙しい時期でもあります。そのため、連絡してもすぐに回収に来てもらえないこともあり、年明けになってしまうということもあるかもしれません。計画的に片づけなどを行い、来年にならないように早めに予約を入れておくというのも一つです。12月に入ったら、休日などを利用して少しずつ片づけを行っていき、不必要なものはまとめておくようにします。
この時期、ごみ回収業者は忙しくなります。家庭からの大量のゴミなどに対応する必要がありますので、資源ごみなどは回収スケジュールに合わせて順次ゴミ出しを行っていくようにしましょう。この長期休みはほとんどの自治体などでゴミ回収は行われません。そのため、事前にいつまでごみ回収が行われて、いつから回収がスタートするのかをチェックしておきましょう。

大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be