お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市大正区

遺品整理をご検討中の方へ!遺品整理について具体的にご説明します!

大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

遺品整理とは具体的に何であるかとお思いの方は多いと思います。
遺品整理は、亡くなった人の遺品を扱う大切な作業であるため、遺品整理についてしっかりと理解しておく必要があります。
そこで今回は、遺品整理についてご説明します。

 

□遺品整理とは?

遺品整理とは、亡くなった人の持ち物を整理し片付けることです。
遺品整理をする際には、普通の掃除などと違って、亡くなった人の預金通帳や遺書などの貴重品も整理することになります。
そういった物を誤って捨ててしまわないよう遺品整理は慎重に行う必要があります。

また、遺品整理を進めていくと、亡くなった人が偲ばれて捨てられない物がたくさん出てくることがあります。
捨てられないからといって、そういった物を置いておくと物が減らず整理しきれません。
捨てられない物が多すぎて整理しきれない場合は、遺品整理業者に遺品整理を手伝ってもらうことをおすすめします。

当社では、遺品整理のお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

□遺品整理と不用品回収の違いとは?

上記で遺品整理について簡単にご説明しましたが、もう少し具体的に遺品整理とは何かについてご説明するために、ここでは遺品整理と不用品回収の5つの違いをご説明します。

1つ目は、処分する物が異なるということです。
遺品整理と不用品回収とでは、そもそも処分する物が異なります。
遺品整理では、遺品を片付け・整理するのに対し、不用品回収では遺品を回収しません。
この点をしっかり把握しておかなければ、不適当な業者やサービスを選んでしまいかねません。

2つ目は、相続人がいるかいないかです。
不用品回収は相続人がいず、相続とほとんど関係ないのに対して、遺品整理には相続人がいます。
また、不用品回収では、所有者が好きに所有物を処分できるのに対し、遺品整理では相続人が強く関係し、相続人が複数いる場合には、1人の意思だけで処分方法を決めれません。

3つ目は、処分方法です。
不用品回収では、不用品を可燃ゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミに分類できるのに対し、遺品整理で処分する遺品には、不用品回収の場合のように分類できない遺品もあります。

4つ目は、遺品整理の場合は故人の意思を尊重することです。
遺品整理を行う際に、遺書に遺品の処分方法について記されている場合には、亡くなった人の意思を尊重して、記された処分方法に従って処分します。

 

□まとめ

今回は、遺品整理についてご説明しました。
遺品整理をご検討中の方は、今回ご説明したことをぜひ参考にしてみてください。
また当社では、遺品整理の他に不用品回収や汚部屋のクリーニングもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be