お役立ち情報ブログ,大阪府大阪市大正区

粗大ごみの定義とは?

大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

「粗大ごみ」と聞くと、皆さんは「大きなごみ」とすぐ想像がつくと思いますが、粗大ごみの定義は各市区町村によって、それぞれの見解があり、多少ばらつきがあります。
ある区では「50cm四方以上のもの」と記載されていたとします。

 

しかし、隣の市では「30cm四方以上、100kg以上のもの」と大きさと重さが関連している記載の地区もあるのです。
各市区町村の決まりに従って処分しなければ、ルール違反となり回収してくれず、ご近所の迷惑となる可能性もありますので、よく確認しなければなりません。

 

具体的にはタンスや机などの家具、布団などの寝具、自転車、カーペットなどを言います。
市区町村の担当課に連絡し、引き取ってもらう事が多いと思いますが、自治体によっては専用の粗大ごみシールを貼らないと回収してくれない場合もあります。

 

家電も粗大ごみに分類されますが、家電リサイクル法(環境保護のために、リサイクルし資源を有効活用する)により以下の4品は、専門業者に引き取り料を必ず支払い、処分しなければならない決まりになっています。
それは、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機となっております。
鉄くずとしてビデオデッキや電子レンジなど回収してくれる業者もありますが、有料か無料か確認して処分することも大事です。

 

大阪市大正区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be