お役立ち情報ブログ,大阪府吹田市

ごみ回収での分別の重要性について回収業者が解説

吹田市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

ゴミとは一般的に要らないものを意味します。食べ物の残りなどもゴミとして処分する人は多いかと思われますが、そのゴミはどのように処分が行われるのかご存知でしょうか。住宅から出されるゴミには、燃えるものと燃えないもの、リサイクルができるものなどのように細かく細分化が行われています。

燃えるゴミの中に燃えないものが混ざっている時など、回収業者はそれを回収することなく、ラベルを貼り付けて回収ができない、違った日に出すように指示をします、燃えるゴミの場合は焼却炉で焼却処分を行い、ゴミの量を減らした形で埋め立てを行いますが、その中に燃えないものが含まれると、事前にそれを取り除かなければならないなど、多くの工数が発生してしまうわけです。ごみ回収の時点で、回収できるものとは異なるものが発見された時には、それをそのまま残して回収をするなどのルールが設けてあるため、ごみは貼り紙が行われた状態でそのまま放置されてしまうわけです。

ごみの種類は多種多彩で、種類毎に分別することがその後工程を楽にできるメリットに繋がります。アルミ缶を回収する場合、アルミ缶だけがあればすぐにリサイクルを行うことができますが、アルミ缶の中に瓶や燃えるゴミなどが含まれている時には、一旦そのごみを取り出して、アルミ缶だけを集めるなどの作業が必要です。一度に多くのごみが集められるわけですから、一つ一つビニール袋の中身を取り出して、アルミ缶だけを集める作業は労力を使うものとなります。

出す側がしっかりと分別を行えば、処理場に到着したものはリサイクル工程にすぐに移行することができますし、余計な作業をする必要もなくなるわけです。ごみ回収は埋め立てを行うものもありますが、最近はリサイクルを行う必要性も高くなっているなどからも、ごみ回収では分別を行う義務付けがある、これを守らずにごみを放出すればそのまま放置されてしまうなどのデメリットもあるわけです。

ごみ回収で分別を行う重要性は、適切なリサイクルができるか否かに結び付くことです。一人一人がルールを守りごみを出せば、リサイクルに掛かる時間も少なくなります。さらに、リサイクル原料に使う場合でも、予めきちんと分別が行われていれば、不純物の混入率も下がるなどのメリットもあります。このように、分別する重要性はリサイクルを容易に行うため、リサイクルの品質を向上させるなどの役割を持ちます。ごみを放出する側が一人一人正しい方法で出すことは、品質向上および容易さを高める秘訣に繋がるなど、ちょっとだけなら、などのような考えはしないことをおすすめします。

吹田市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ