お役立ち情報ブログ,大阪府高槻市

遺品整理を始めるべきタイミングをご紹介!

高槻市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。
「遺品整理を始めるべきタイミングが分からない。」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
親族が亡くなった後、行わなければならないのが遺品整理です。
しかし、実際にいつから始めたらいいのか分からないですよね。
そこで今回は、遺品整理を始めるべきタイミングについて紹介します!
 
 
□遺品整理を始めるべきタイミング
 
*四十九日を迎えた後
 
仏教では、死後49日間は現世で魂がさまよっていると考えられています。
そのため、多くの方が遺品整理を始めるタイミングとして、四十九日を迎えた後を選んでいます。
また、四十九日は多くの遺族が集まるため、遺品整理に関する話し合いがしやすいです。
話し合いをすることで、遺族間のトラブルにつながりにくくなるため、おすすめのタイミングです。
さらに、遺品整理と同時に形見分けも行いやすいです。
これにより、遺品整理がよりスムーズにできるはずです。
 
*諸手続きの終了後
 
誰かが亡くなると、死亡届や保険金などの多岐にわたる手続きをしなければいけません。
この作業は手慣れていないため、多くの時間がかかり、遺品整理まで手が回らないことがほとんどです。
そのため、一通りの手続きが終了してから遺品整理を始める方が多いです。
また、手続きが終了する頃には精神的にも落ち着いているという理由から、このタイミングを選ぶ方もいます。
 
*葬儀後
 
故人が賃貸に住んでいた場合、葬儀後すぐに遺品整理をする必要があります。
それは、契約の問題があるからです。
また、葬儀は遠方に住んでいる遺族も確実に集まります。
そのため、人手がいるうちに遺品整理を終了させる方もいます。
しかし、親族が亡くなって時間が経っていないため、抵抗を感じる方も少なくありません。
 
*相続税が発生する前
 
相続税とは、相続する遺産にかかる税金のことを指します。
故人の遺産が相続税の非課税額を超えている場合、税務署に申告書を提出しなければなりません。
その期限は10ヶ月以内で、その間に納税もする必要があります。
この期限を過ぎると、控除を受けられず、延滞税を課せられる可能もあります。
そのため、申告する前に遺品整理を行い、遺産を確認する必要があります。
 
 
□まとめ
 
今回は、遺品整理を始めるべきタイミングについて紹介しました。
このように、遺品整理を始めるタイミングは人によってさまざまです。
もしこれから遺品整理されるようでしたら、今回の記事を参考にして、遺品整理を始めるべきタイミングを検討してみてください。
高槻市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ