お役立ち情報ブログ,大阪府豊中市

粗大ゴミが出て困った!不用品回収業者に回収を依頼しよう

豊中市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

「引越しを考えている。粗大ゴミの処分はどうしよう?」
引越しをする際には、粗大ゴミの扱いについても気になるかもしれません。
定義や回収方法に関しても知っておきたいですよね。
今回は、引越しをする際に知っておきたい、粗大ゴミの定義や回収に関して大阪の業者がご紹介します。

 

□大阪における粗大ゴミの定義について

 

粗大ごみの定義は、それぞれの自治体によって異なります。
大阪では、家庭の日常生活から出されるゴミで、最大の辺または径が30センチメートルを超えるものです。
また、棒状で1メートルを超えるものも粗大ゴミに該当すると言えるでしょう。
一方で、家庭の引越しや大掃除などで大量に出されるゴミについても粗大ゴミとして収集するのです。
まだ使えるものは譲れますが、厳しい場合にはまとめて処分を行います。
一方で、粗大ゴミの対象外になるものもいくつか存在するので注意が必要でしょう。
たとえば、蛍光灯管・資源化可能な古紙は収集できないものの一つに挙げられます。
前者は区役所などの回収ボックスへ、後者は古紙・衣類分別収集に依頼しましょう。
また、エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機はリサイクル品です。
粗大ゴミとしての回収は起こなっておりません。
家電リサイクル法に基づいた処理が必要です。

 

□引越しの不用品、粗大ゴミの処分方法について

 

不用品や粗大ゴミの処分方法には、様々な手段が考えられます。
一番簡単な方法は、単にゴミとして捨てることです。
収集所に持っていくだけのため、圧倒的に負担がかかりません。
廃棄する場合には、粗大ゴミシールを購入し、貼る作業は怠らないようにしましょう。
また、近所や友人で欲しい方がいれば、譲るのも一つの方法かもしれません。
ただし、捨てる気にはならない方もいらっしゃるかもしれません。
また、インターネットのオークションなどに出すのも一つの方法として挙げられます。
最近は、ご自身でも簡単にインターネットを使ってものを売れるようになりました。
具体的には、オークションサイトやフリーマーケットアプリを利用します。
登録や出品自体は簡単なので気軽に取り組めるかもしれません。
多少壊れていても、部品取りのために購入してもらえることもあります。
しかしながら、これらの方法は、持ち運びが大変な点が大きなデメリットです。
極力労力を省くのであれば、不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、引越しをする際に知っておきたい、粗大ゴミの定義や回収に関して大阪の業者がご紹介しました。
定義が詳細なので、しっかりと理解しておきましょう。
様々な処分方法が考えられますので、比較して選ぶのがおすすめです。

豊中市で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ